大阪の気温と服装

2018年2月 大阪の気温と服装 まとめ

更新日:

2月大阪の気温と服装




2月。大阪だけではないですが、1年で最も寒い季節です。

大阪の冬はとにかく「冷える」

大阪だけではなく関西全体に言えそうですが、北海道出身の友人知人からも「大阪の方が寒い」とよく耳にします。

「寒さの種類が違う」のだそうです。

気温はもちろん北海道の方が低いのですが、そのぶん建物など寒冷地対策がしっかりしていることと、気温が低くても関西のように「底冷えする」「芯から冷える」というのとは違うようです。

2月の大阪は「冷え」対策を忘れずに!

2月上旬 冷える!冷える!

上旬は最高気温5℃、最低気温ー1℃なんて日も何日かあり、2月の中でも最も寒かったのが上旬でした。

ちょっと長めに外に出る日には、イヤーカバー・手袋・マスク・マフラーといった小物の他に「カイロ」が必需品。

靴に貼るカイロだとか背中やお腹にカイロを貼ったり。

USJなどに行く人はカイロも必須。防風の服も必須です。

風も強かったです。

2月中旬 少し寒さがマシになる

朝の寒い日はまだ氷点下の日がありましたが、最高気温が10度を上回る日がちらほらありました。

とはいえ、最高気温5℃・6℃ぐらいの日も多かったです。

雪もちらほら。あまり雪がつもらない大阪市内でもうっすら雪が積もる日がありました。

通勤時間にはべちゃべちゃになっていましたが。

暖かい沖縄とかに避難したい・・・

2019年追記>暖冬といわれている2019年も上旬~中旬はこの冬一番の冷え込みになりました。

中旬以降あたたかくなるという予報が出ています。

2月下旬

2月の最終日、28日には最高17℃の日がありました!

そのほかの日も10度を超える日が多くなりました。

最高気温ぐらい寒さが和らぐ時間はまだまだ短く、通勤中の朝も夜も激寒ですが、休みの日もお昼なら外に出ようかなという気になります。(基本冬は外に出たくない)

最低気温は2℃~4℃ぐらい。

はやくもっと暖かくなってー!!

2018年2月まとめ

2月によく来ていた服装。

  • ヒートテック(キャミソール)
  • ヒートテック(長袖か半袖)
  • カットソー
  • ニット
  • タイツ(120デニール)
  • ダウンコート・ウールコート(厚手)

1月とそう変わり映えしませんね。

基本冬はこれぐらいの服装で、寒さに耐え忍ぶといった感じでしょうか。

2月の思い出は、寒すぎて携帯の電源が突然落ちたことですね。(暖かい場所に移動したら復活しました)

ここを乗り越えたら春。春が待ち遠しいです。

2月は西宮の蔵開きにも行きました。

【関西おでかけ】西宮 酒蔵めぐり

寒くても外でのイベントに行きたい時もありますよね。

先輩は蔵開きの防寒にスノーブーツを履いてきていました。雪は降っていなくても2月の防寒アイテムとして「足元を温める」のは大事ですね。

足元が暖かいと、寒い中でのイベントも楽しめます。

この記事で書いた冬の靴も北海道用に買った割には、旅行後は普段利用として活躍しています。本当にいい買い物をしました。

冬の北海道に履いていく靴の選び方!スノーブーツ選びのポイントは?

関連記事

2018年3月 大阪の気温と服装 まとめ

↓↓旅の服に悩んだら↓↓

【割引あり】借り放題のエアークローゼット おススメポイント!

 

スポンサーリンク

-大阪の気温と服装
-,

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.