文房具

万年筆の手書き文字を上達させる5つのヒント

投稿日:

万年筆




万年筆で書く文字の美しさに憧れて、万年筆をいくつか試しに購入してみたり、様々なインクを試してみたり。

ペン沼・インク沼の住民であれば誰もが一度は通る道ではないでしょうか。

もっと万年筆で書く文字を上達させたい・・・

そんなことを思いながらネットサーフィンをしていて良い動画があったのでご紹介します。

万年筆好きなら動画を見るだけでもちょっと幸せな気分になりますよ(^-^*

 

1.何が上手くいくのかを見つけるのには時間がかる

あなたに合ったペン先を選ぶのには時間がかかります。

私もそうでしたが、初めて買った1本が最も書きやすく理想的な字体が書けるペン先なんてことは殆どありません。

ペン先がどんなに良くても、万年筆を扱う技術(筆圧やペン先の角度、書く速さ)などがそのペン先に合っていなければ、恐ろしく文字が書けないということは、万年筆を使ったことがある人なら十分にわかっているはず。

ペン先選びに時間がかかれば、そのペン先に合ったインクや使い方を身に着けるまでにも時間がかかるもの。

ペンに詳しい店員さんなどに相談をして少しでも理想のペンにスムーズに出会えるといいですね。

何にしろ理想のペンとインク、そして最適な紙選びには時間がかかります。

それがまた魅力なのですが。

2.リラックス

ペン先に圧力をかけすぎないよう、肩の力を抜いて書きましょう。

上手に書こうと力みすぎると上手い字は書けません。

3.ゆっくりと書く

万年筆は特に速記には向いていません。

速く書くと、字がかすれて飛んでしまいます。

インクの特性との兼ね合いもありますが、ゆっくりと書くのがコツなのです。

4.SNSからインスピレーションを得る

インターネットで世界中の筆記具好きとつながることができる時代。

 

View this post on Instagram

 

Victorさん(@uncle.tank)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

T Truongさん(@tvvtruong)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

MichelleHさん(@everything_paper)がシェアした投稿 -

様々な作品は見ていて飽きません。

触発されて色々書きたくなりますね。

万年筆初心者におすすめ

動画にも出てくる憧れのNOODLER'S

5.実践あるのみ!

万年筆で思い通りに書けるようになるためには、とにかく練習あるのみ。

自分の好きなペンとインクと紙の組み合わせを見つけたり、書き方を練習したり。

手を動かさないと当然ですが、上手くなりません。

これは万年筆だけのことではありませんよね。

実践あるのみ!

ようこそ万年筆沼へ!

素敵な万年筆ライフを!

スポンサーリンク

-文房具

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.