沖縄・石垣島

【石垣島観光】旅して良かった!おススメの場所ランキング!

更新日:




ずっと行ってみたかった石垣島。

一度行ったらすっかりトリコになりました。

石垣島は日本の最南端かつ最西端にある八重山諸島にあります。

沖縄県の島ですが、沖縄本島の那覇までの距離は411km離れています。これは本州で言うと大阪ー東京間ぐらい。飛行機でも石垣島ー那覇間は、大阪ー東京間と同じく1時間ぐらいかかります。

一方、台湾(台北)への距離は277kmと、台湾の方が近い島です。

また、世界的なリゾート地、ハワイとほぼ同緯度に位置しています。

石垣島は一言で言うと「楽園」

特に夢のように美しいビーチが多いです。

美しいサンゴ礁・白い砂浜・透き通ったエメラルドグリーンの海。

すっかり惚れ込んでしまった石垣島の魅力をたくさん紹介します!

 

「石垣島に行こうと思うけどどんなところ?」

「どこかに旅行に行きたいけれどおすすめの場所はある?」

なんて考えているあなたに読んで欲しい記事です!

 

石垣島をおすすめする3つの魅力

1.石垣島をぐるっと1周 レンタカードライブが楽しい!

石垣島は222.5㎢と小さな島です。

参考:東京23区は619㎢、大阪市で223㎢

大阪市とほぼほぼ同じ大きさです!

東京23区と比べたらかなりザックリ言って、3分の1ぐらい!

そんな小さな島なので、一周するのもコンパクトで回りやすいです。

石垣島を車で1周するのにかかる時間

ただ単に外周沿いにぐるっとまわるだけなら半日(4~5時間)ぐらいで1周できます。

ポイントポイントに立ち寄りながらゆっくり周るのであれば1日、体験もしながらであればもっと時間は必要です。

特に島の北側は海が綺麗に見えるスポットが多くて、ドライブにおススメ!!

ドライブだけではなく、バイクで回っている人もいらっしゃいました。

外周以外の内陸にも見所があります。

どこに行くにもそれほど離れていないため訪れやすく、色々な場所をじっくり巡るのがとても楽しいです!

2 .石垣島からフェリーで離島へのアクセスも抜群!

離島ターミナル

石垣島は竹富島・西表島・小浜島といった八重山諸島の他の島々にアクセスするためのフェリーの玄関口でもあります。

離島ターミナル(離島へのフェリー乗り場)は石垣島の市街地にあり、離島も身近に楽しむことができます。

一番近くの竹富島はフェリーで10分~15分程度。

たったそれだけの船旅で、石垣島とはまた全く違う世界を楽しむことができます。

竹富島だけではなく、離島には絶景ポイントが多く点在しているので、石垣島まで来たら周辺の離島にもぜひ行ってみましょう。

何度も何度も訪れたくなる魅力のひとつがこの離島への旅なのです。

3.オフシーズンの安い時期が狙い目!混雑しすぎていなくて快適。

11月ぐらいから4月ぐらいのオフシーズンは観光客のお客さんも少なめになります。

しかし、おすすめしたいのはあえてこのオフシーズンの時期の春先や秋口!

3月~4月や、10月~11月などはオフシーズンとはいえ暑いぐらいの日も多く、晴れた日にはゆったりと南国気分を楽しめます。

その上オフシーズンということで、割安。宿泊も航空券も、パックツアーもお手頃価格になるのも魅力的ですよ。

オフシーズンでも晴れた日は日差しが強いので、日焼け止めやサングラスはお忘れなく。

また、石垣島は世界的にも人気急上昇中!

トリップアドバイザーのランキングでは、「人気急上昇中の世界の観光地の第1位」に石垣島が輝きました!

ちなみに2位以下は次の通り
2位 カパア(ハワイ)
3位 ナイロビ(ケニア)
4位 ハリファックス(カナダ)
5位 グダニスク(ポーランド)

出典:トリップアドバイザー

これから更に人気が出る可能性も考えられます。

今のうちにゆったりした石垣島を満喫しておきたいものです。

石垣島を満喫する観光スポットランキング

石垣島の「ここに行ったら石垣島を更に好きになった!」というおススメの観光スポットをランキング形式にしてみました。

石垣島を1周してもなお、また行きたいところや、ここに行っていなかったらこんなにも石垣島フリークになっていなかったかも?!というぐらい私の人生を変えてくれたスポットです。

第1位 川平湾

石垣島のパンフレットなどを見ると、多くは川平湾の写真が使われています。

川平湾の透き通ったエメラルドグリーンはとても美しく、時間によってその色を変える透明度の高い海です。

グラスボードを楽しむ人も多く、グラスボート乗船券付きの旅行ツアーが販売されていたりもします。

もちろんグラスボートも良いですが、できれば砂浜を無人島がある方までぐるりと歩いてみるのもおすすめです。

川平湾の無人島

目の前には無人島

素敵な景色が広がっていて、時間が経つのを忘れそうです。

川平湾はよく晴れた日の午前中~昼間がおすすめです!

第2位 フサキビーチ

朝のフサキビーチ

アクティビティが充実しているフサキビーチは夕陽の名所でもあります。

日没時間を調べて、日没より少し前の夕陽の時間にフサキビーチを訪れてみてください。

ビーチには同じように美しい夕陽を見ようと、たくさんの人がカメラを手に集まってきます。

フサキビーチの夕陽

石垣島の西に位置するビーチなので、海に沈む夕陽とオレンジ色に染まる海と空をぞんぶんに楽しむことができますよ!

石垣島で南十字星を見よう

また、石垣島では北半球ではほとんど見られない南十字星を見ることができます。

南十字星が見える時期は12月下旬から6月の末ごろまでで、良く見える時間帯は南中時刻の前後1時間です。

南中時刻(出典:石垣島天文台)
月日 南中時刻
1月1日 6:30
1月15日 5:35
2月1日 4:28
2月15日 3:33
3月1日 2:38
3月15日 1:43
4月1日 0:36
4月15日 23:37
5月1日 22:34
5月15日 21:39
6月1日 20:32

南中時刻は1日4分早まりますので、例えば4月1日の南中時刻は0:36ですが、翌日の4月2日は0:32という計算になります。

旅行に行く時の南中時間が計算できますよ!

石垣島で南十字星が見える場所は?

南十字星は、南の水平線近くに見えます。

そのため、南の水平線が見える場所が、南十字星が見える場所になります。

そしてフサキビーチは西に位置していますが、ビーチにある桟橋は南の水平線、南十字星が見えるスポットでもあるのです。

南十字星が見える桟橋

桟橋からは南の水平線がバッチリ!

フサキビーチリゾートに泊まって南十字星が見える時間に桟橋を散歩してみたいですね。

石垣島で買ったTシャツには南十字星が描かれていました。

フサキビーチは星空が良く見える場所

南十字星だけではなく、フサキビーチは星空もよく見えます。

フサキビーチリゾートさんでは解説付きの星空ツアーもされています(1時間2500円)が、普通に散歩するだけでもたくさんの星を見ることができますよ。

第3位 名蔵湾の東小屋

名蔵湾の東小屋はパンフレットにもなかなか紹介されていない場所ですが、美しい海とマングローブを眺めることができてちょっと休憩するのに絶好のスポットです。

東小屋と車3~4台程度の駐車スペースがあります。

車を停めて海を眺めてみてはいかがでしょうか。

マングローブや水平線を眺めながらゆったり潮風を感じる時間はとても心地よいものでした。

名蔵湾の東小屋近くにはマングローブが!

 

第4位 バンナ公園

石垣島市街地から車で5分程度のところにある広大な公園です。

次に行ったら1日かけて回りたい公園。

車で行ける展望台もあり、植物もたくさん。

ここの何がいいかというと「空気」!!いい気で満ちているパワースポットです。

公園に入るとすーっと身体に気が流れていくのがわかりました。ここはすごい。

第5位 玉取先展望台

海を見渡せる高台にある展望台です。

エメラルドグリーンの海をパノラマビューで楽しめる展望台は石垣島空港から車で20分ほど。

駐車場から数分歩いたら展望台という手軽さから小さなお子さんを連れた家族でも安心。

正面には伊原間湾の美しい景色を眺めることができ、見晴らしが最高です!

平久保半島を眺めることができます!

目の前に広がるエメラルドグリーンの海に癒されます。

番外編 石垣島近隣の離島も楽しもう!

石垣島市街地に「ユーグレナ 石垣港離島ターミナル」があります。

石垣島に訪れた際には、石垣島だけではなく、近隣の八重山諸島の離島めぐりもおすすめです!

半日で行って遊んで帰って来れる近い島や、泊まってゆっくり堪能したいぐらいに大きな島までたくさんありますよ!

石垣島旅行は目的別に旅行会社を選ぼう!

石垣島を全部アテンドしてほしい方に、オススメの旅行会社

添乗員さんが付いて、アチコチ連れてほしい人におすすめ

クラブツーリズム

阪急交通社

2社とも離島めぐりツアーなど石垣島以外にも色々連れてくれるツアーが充実!

飛行機とホテルのみのパックでお得!フリープランがおススメの旅行会社

飛行機とホテルのパックであとはフリーなプランは楽ちんです。

成田や関空から石垣島への直行便+レンタカー付がおすすめです!

格安!沖縄旅行満載のジェイトリップツアー!

H.I.S.

飛行機とホテルを別々に予約。LCCを使ってフリープランを立てたい人に!

楽天トラベル

スカイ・シーの格安航空券モール

まとめ

南国を感じられる石垣島はぜひ一度は訪れてみたい場所。

石垣島のみを楽しむも良し、離島めぐりを楽しむを良し、ゴールデンウィークや夏休みを利用してゆっくり楽しんでみませんか?

 

スポンサーリンク

-沖縄・石垣島

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.