北海道

秋の北海道旅行の服装について

更新日:




9月末に北海道に行ってきました。

北海道といっても広い!今回は新千歳から道央・道東と旅をしてきました。

事前に不安だったのが服装です。

予想気温を調べてもいまいちピンと来なかったので、これから同じ時期に旅をする人の参考になればと思い記録しておきます。

北海道の秋の気温は?

秋といっても9月から11月で大きく気温が変わります。10月の北海道はもう初冬です。9月も場所によってはもう初冬です。

今回は富良野・美瑛と阿寒湖・摩周湖に行ってきました。

地図で見るとこんな感じです。

大きく分けて道央・道東の2エリアです。この2つのエリアでもだいぶ気温が違いました。

道央の富良野・美瑛は最高気温23℃/最低気温2.8℃

道東の阿寒湖・摩周湖は最高気温18.7℃/最低気温ー0.5℃

東京や大阪でいうと道央は11月頃、道東は12月頃の気温です。そして朝晩の冷え込みが厳しい!!9月なのに最低気温氷点下って!!

9月でも北海道は寒い!温度調節ができる服を用意しよう!

寒い方に合わせて脱ぎ着できるものを用意していきました。

今回用意をしていった上着

  • パーカー(コットン・薄手)
  • ニット(カシミヤ100%)
  • フリースジャケット(厚手)
  • ダウンベスト(厚手)
  • ダウンジャケット(ユニクロ ウルトラライトダウン・薄手)

それぞれ組み合わせて調整ができるようにしていきました。

上着の下は長袖Tシャツが基本。その下にはインナーTシャツを重ねていました。

この他に持っていったのが、イヤーカバーとネックウォーマー。

9月末の北海道で実際に着た服

上記の中で実際に着用した服です。

(道央)

  • 日中:パーカー/ニット(どちらかだけでOK)・日差しの強い時間帯は上着不要
  • 夜間・早朝:パーカー/ニット(どちらか)+フリースジャケット

(道東)

  • 日中:フリースジャケット+ダウンベスト
  • 夜間・早朝:ニット+フリースジャケット+ダウンベスト+ネックウォーマー+イヤーカバー

道東では、薄手のダウンジャケット姿の人が多かったです。また、厚手のダウンコートの方も見かけました。道東は朝に散歩をすると息が白かったので、それぐらい厚手のものでも暑すぎることは無いと思います。ただ、日中になってくるとおそらく着ると暑い、脱ぐと寒いと思うので、ある程度調節できる方が良いと思います。

最後に

北海道も数年前に比べると外国人旅行者が増えたおかげか、コンビニも増えましたし、ホテルで防寒着も色々販売されるようになっていました。

手袋・マフラー・上着なども場所によっては購入ができますが、それでも衣料品を購入できる拠点は都心部に比べるとありません。

パンツ(ズボン)の下にもレギンスを重ねたりしていました。女性ならタイツを1枚持っているだけで温度調整になりそんなに荷物にもなりませんので、ぜひ+1枚を追加で持って行くことをオススメします。

また、今回の旅は快晴でしたが、出発前に調べた時は旅行期間中はずっと雨の予報でした。そのため記事に書いた上着以外に防風・防水のレインジャケットも持って行っていました。使う機会が無くて幸いでしたが、雨が降ると更に冷え込むと思います。

北海道は秋もなめるな!という寒さです。

防寒対策はしっかりとして、楽しい時間をお過ごしください!

【オマケ】北海道旅行記はこちら

北海道旅行(2017前編:富良野・美瑛編)

北海道旅行(2017後編:阿寒湖・摩周湖編)

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-北海道
-, , ,

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.