旅行&地域

【旅ワザ】知っていたら得をする!激安で航空券を手に入れる方法

更新日:

スカイ・シー




同じ飛行機に乗るなら、少しでも安く旅費をおさえられる方がいい。

LCCの参入や増便で旅費を安くする選択肢が増えて嬉しい反面、その分選ぶことが難しくなったと感じます。

メジャーなANAやJALの価格を調べ、LCCの価格を調べていると、価格はこっちがいいけれど、時間帯はこっちがいいなぁなんて調べるのにWEBページを行ったり来たり。

旅のプランニングは楽しい時間ですが、最安値を調べる手間は正直疲れますよね。

少しでも安く旅費をおさえるためにも、簡単に旅費を比較できる比較サイトを使うのがおすすめです。

比較サイトは色々ありますが、わかりやすくてちゃんと安値比較ができてよかったサービスをレビューします。

格安航空券を比較してそのまま買えるスカイ・シー

スカイ・シーは国内線飛行機予約専用の格安航空券モールです。

ANA・JAL・スカイマークやLCCなど全14社の航空会社を一括検索して比較ができ、しかも検索はカンタン10秒で、航空チケット代金も最大83%オフという安さ。

複数のLCCなどの比較がわかりやすくて使いやすいです。

トップページで「出発地」と「到着地」を入れます。

出発日を入れて、最安値検索!!

・・・検索結果まで10秒もかかりませんでした。早い!

スカイ・シー オススメの使い方

航空チケットを取るのは大体旅行日程が決まってからですよね。

それでもいいのですが、スカイ・シーを使うのにおススメのタイミングがあります。

それは「旅行日程を決める前」!!

「出発地」と「到着地」を入れて、「出発日」の所をクリックすると下のようなカレンダーが出てきます。

カレンダーが出てきて、青字で期間中の最安値を表示してくれるのに加え、全ての日にその日の最安値を表示してくれています。

これが、旅の日程を決める参考になります。

例えば、上のカレンダーで言うと、「金・土・日」で北海道に旅行をしようと考えている場合、11月9日出発と11月16日出発では金額が全然違いますよね。

  • 11月9日 6340円
  • 11月16日 20650円

ただ、気を付けないといけないのは、ここで金額が出ているからといって、その最安値チケットが残っているとは限らないということです。

気になる11月9日で検索をしてみます。

6340円のチケットはありません。

続いて、11月16日も検索してみました。カレンダーに表示されていたのは20650円

検索結果は

最安値22500円。

カレンダーに表示されている最安値チケットは日が近いほど売り切れている可能性がありそうです。

そのため「カレンダーに表示された金額で乗れる!」と思いこむのは危険ですが、いつが安いのか、高いのかをチェックするのには十分使えます。

その価格を見ながら旅行の候補日程をある程度考えて、友達や家族と都合を合わせたり、候補日程の宿泊ホテルの空きや価格をチェックして旅行日程を決めるといいですね。

ちなみに、例に出した2018年11月16日は嵐の20周年ツアーが札幌ドームでスタートするので、札幌行きの飛行機はほぼ完売に近いのでした。

旅行の場合、このような日は外した方がよさそうですよね。

検索結果ではリアルタイムで残席状況や価格がわかりますので、比較してそのまますぐ予約ができるのが便利です。

ちなみに飛行機に乗りたい当日でも最短3時間前まで予約ができます。

当日だと安いチケットは無理と諦めてしまいがちなので、急に予定変更となった場合もこれは便利!

国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

旅の情報集めにも

各エリアのページには、そのエリアの空港の情報ページが用意されています。これがなかなか便利。中でも私が気に入っているのは発着する航空会社情報です。

チケットが無くてう回路を考えないといけない時などに参考になります。

格安航空券サイトを使ってオトクに旅をしよう

旅行をするのに、旅費は一番お金がかかるポイントですよね。

同じ飛行機に乗るのであれば、格安航空券を活用して飛行機代で浮いたお金を使って、憧れのホテルに泊まったり、美味しいごはんを食べたり、ちょっといいお土産を選んだりしたいと思います。

ホテルと飛行機を別々に取る旅の時にはぜひ参考にしてみてくださいね。

心に残る良い旅を(^-^)ノ

スポンサーリンク

-旅行&地域

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.