手帳・ノート

【購入レビュー】DRAWING DIARY(ドローイングダイアリー)の魅力!

更新日:

ドローイングダイアリー




DRAWING DIARYを購入しました。

  • 予定部分はマンスリーがあれば大丈夫。
  • メモページがたっぷり欲しい。
  • 書いたメモは検索性を高めたい。

上記のように思っている人にピッタリな手帳です。

ドローイングダイアリー 外観

コクヨ ドローイングダイアリー

写真だと「赤」という感じに見えますが、濃いマゼンダピンクという感じの色です。

表紙アップ

ドローイングダイアリーコクヨさんだけに「ノート」という感じの手帳なので、カバーとかはありません。表紙デザインは去年とは違うデザインになりました。よりシンプルになっています。

表紙は厚紙ですが、型押しがあり、手触りもしっとりした紙です。

ドローイングダイアリー 専用カバー

カバーが欲しい。手帳にはポケットが無いと!!というように、カバーが必要な方も安心してください。別売りで販売されています。

ビニールのカバーから本革のカバーまで。

私もポケットは欲しいのですが、表紙の手触りが好きなので、しばらくはカバーをつけずに使いたいと思います。カバーは年中買えますので。

カバー購入時の注意点・・・ドローイングダイアリーには「ライト」と「ヘビー」があり、厚さが異なります。手帳の厚さにあったカバーを選びましょう!

ドローイングダイアリー 中身

月間ブロック

ドローイングダイアリーマンスリー

はじめに、年間カレンダーがあったあと、月間ブロックページがあります。

  • 3色刷り:平日・黒/土曜日・青/日曜祝日・赤
  • 12月はじまり

日付の数字はシンプルです。1日のブロックが4分割できるよう目盛りがあります。こういうところが地味に嬉しくて便利。

インデックスページ

ドローイングダイアリーインデックス

月間ブロックページが終わると、最後に翌年の年間カレンダーがあり、右隣のページはインデックスと書かれたページになっています。

このページはメモページの目次です。

ページの端が、見だしが作れるように区切られているので、ノートを取る時に分類することができます。

使用イメージ:出典amazon

たとえば、一番上の段は「アイデア」などと決めておき、インデックスの一番上段に「アイデア」と目次を書きます。

そしてメモページを使う際に、「アイデア」を書きとめた時は、ページの端にある見だしエリアの一番上段チェックを入れたり、決まった色を塗っておきます。

そうすると後から「アイデア」のメモだけを探しやすくなるのです。

メモページ

ドローイングダイアリーメモ

メモページはいたってシンプルです。

筆記エリアは3mmの方眼で、インクの色は薄いブルーです。

ページの端が見出しエリアになっていて、ページ角にはページ番号が書いてあります。

たとえば月間ブロックページに書けない・書ききれない予定や、関連するメモがあれば、メモページに書き、月間ブロックにはメモのページ番号を書いておくといった使い方ができます。

2本ついているしおりも便利。

書きかけのノートページと、その月の月間ブロックページにはさんで使おうかな。

ドローイングダイアリーはシンプルかつクリエイティブな手帳

表紙をめくるとまず出てくるメッセージ

「Simple Life for Creativity」

直訳すると「創造性のためのシンプルライフ」

色々図案を書く人にも人気の3mm方眼や、見出しやインデックスページなどはあなただけの創造性でどのようにも使えます。

3mm方眼・・・測量手帳と同じなんですよ!!

ステーショナリー・デルタ オリジナル測量手帳

手帳とは別にメモだけ使いたい・メモページが足りない時は

ドローイングダイアリーは「ライト」と「ヘビー」の2種類が発売されています。

「ライト」と「ヘビー」の違いはメモページのボリュームのみです。

  • 「ライト」のメモページ 158ページ
  • 「ヘビー」のメモページ 382ページ

持ち歩くことを考えて、私はライトを購入しました。

メモページが足りなくなったら、ナンバーノートを買い足してもいいなと思っています。

ナンバーノートとは?

ドローイングダイアリーのダイアリーが付いていない、「ノートだけ」の商品が出ています。それがナンバーノートです。

メモ好きな人、アイディアを書きとめる人におすすめ!

メモも書くし、図解も書きとめたりするのでこの手帳に決めました。

インデックスやページ番号が上手く使えたら、手放せなくなりそうです。

手帳悩み中の方は下記の記事もオススメです。

>>2019年の手帳 手帳マニアが選ぶ来年の1冊

スポンサーリンク

-手帳・ノート

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.