大阪の気温と服装 関西・大阪

12月 大阪の気温と服装 まとめ

更新日:

12月の気温と服装(大阪)




12月の大阪の気温と、大阪で暮らす私や周りの人がどんな服装で過ごしていたかを記録しています。

旅行や出張の参考になれば幸いです。

それではどうぞ(^-^)

12月上旬 朝晩の冷え込み

日中の気温があまりあがらなくなってきました。最低気温も2度など、「寒い」というより「冷たい」と感じる日も出てきました。

ニットの下にヒートテックの出番です。

12月上旬のある日の服装

  • ヒートテック(キャミソール)
  • ヒートテック(半袖)
  • ニット(ウール100%)
  • アンクル丈のパンツ
  • タイツ(80デニール)
  • ライナー付きトレンチコート

+外歩き用小物

  • マフラー
  • 手袋
  • イヤーカバー
  • マスク

コートはトレンチコートや薄手のダウンジャケットの人が多いですね。

12月中旬 厚手のコートの出番

最高気温が10度を超えない日も出てきました。

「冬到来」という感じです。ウールのコートを出しました。

コートが変わったぐらいで、中に着る服や外歩き用小物は上旬と同じぐらいのものを着ています。外は寒いけれど、室内の空調がきいた場所にはそんな変化はないのです。

まわりも同じように厚手のコートやダウンコートを着だした人も出てきました。

人の多い場所では蒸れるので、脱げるコートを厚めにする方が快適。

12月下旬 年の瀬

気温もほぼ12月中旬と変わらず。

曇りの日が多く、青空をあまり見れませんでした。同じ気温でも、日が差してないと寒く感じますね。

それでもクリスマスなんかは昨年(2016年)よりも暖かいと感じるぐらいの気候でした。

まとめ

12月の大阪は本格的に冬到来!

ちなみに、自分の服装は通勤・内勤の服装です。外遊びの方は、1日外にいることを前提にもっと暖かくしてくださいね。

風が冷たいので、風を通しにくいコートやカイロとかもあると良いと思います。

冬装備で大阪の街をお楽しみあれ(^-^)

 

スポンサーリンク

-大阪の気温と服装, 関西・大阪
-

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.