モノとサービス

【毛玉取りのオススメはこれ!】テスコム毛玉取り器使用レビュー

投稿日:

毛玉取り器レビュー




買ったばかりの靴下やフリース、押し入れから出してきた毛布に毛玉を見つけてテンションが下がった経験はありませんか?

今まで色々な毛玉取りを試してきました。

猪毛・豚毛を使ったブラシや、小さな毛玉取り器、カミソリなど・・・

しかし、その中で「満足!」とまで言えるものは正直ありません。

 

ブラシは優しく毛玉を取るには良いのですが、靴下や毛布の膨大な量の毛玉には太刀打ちできず。

それはカミソリでも同じ。

小さな毛玉取り器は、毛玉が詰まって刃の回転が止まってしまうなど、毎年毛玉には悩まされてきました。

それが解消できた毛玉取りに出会えたので、嬉しさのあまりレビューしたいと思います!

毛玉取りの面倒臭さを解消してくれた、テスコムの毛玉取り器!

今回購入したのはテスコムの毛玉取り器KD778-Hです。

全体像はこんな感じ

毛玉取りグリップ感

グリップ感はこのような感じです。

毛玉取り器にしてはやや大きめ。これが使いやすいのです。

毛玉取り ビフォー・アフター

実際にテスコムの毛玉取り器を使って、毛玉を取ってみました。

着心地が良すぎて手放せられないという旦那さんのフリースです。

まず、ビフォー。

お見苦しくて申し訳なさすぎる毛玉っぷりです。

毛玉フリース

毛玉取り器をかけてみました。

アフター

毛玉取り後

着古し感は仕方がないですが、毛玉は綺麗に取れました!

毛玉

取れた毛玉はこちら。フリース1枚からこんなに・・・!

続いて、靴下。ビフォー。

毛玉だらけの靴下

両足とも毛玉がたくさん。

まず片足(写真下側の靴下)の毛玉を取りました。

片足毛玉処理済

違いは一目瞭然。

もう一足も毛玉取り器をかけます。

アフター

毛玉取り後

両足とも綺麗になりました。

この使い心地、文句無しです。

テスコム 毛玉取り器の良かった点

1.電池切れが無い

電源がACアダプターなので、電池切れによるストレスがありません。

電池式の場合、いざ使おうとしたときに電池交換からはじめないといけなかったり、電池が無くなってきた時にパワー不足で毛玉が取れないというイライラがありました。

それが無い。ノーストレス!

2.大き目だから、広い面や大きいモノの毛玉も取りやすい

大きなフリースや、毛布など、面積の大きいものも毛玉取りカッター面が大きいので楽々毛玉取りができます。

また、本体のグリップ感や動かしやすさもあり大きいモノの毛玉取りをしても疲れにくい。

それどころか逆に楽しい。「もっと毛玉ないの!?」という気分にすらなります(笑)

風合いカバー(外側のグレーの輪)も付いているので、生地を傷めにくいのも嬉しいところ。

風合いカバー

しっかり握って使う事ができるので、大きなものの毛玉取りをしても疲れにくく、毛玉取りカッター面も大きいので、広い面もすいすい。

その上小回りがきくので、先ほどの写真のような靴下などの小物の毛玉取りもラクラク。

3.掃除が簡単

大き目の毛玉ホルダーが付いていますが、使ったごとにすぐゴミは捨てるようにしています。

それも、ACアダプターを本体から外して、ゴミ箱のところで中身を捨てるだけです。

何度かに1度、付属のブラシで細かいところまで掃除をしますが、普段は中のゴミを捨てて本体に静電気でくっついている毛玉かすが気になったらハンディ掃除機で吸っています。これも本体が大き目だからできる技。

テスコム 毛玉取りのデメリット

唯一デメリットがあるとすれば、大きいので収納場所を確保しておく必要があるというぐらいでしょうか。

私は箱ごと収納をしているので、W12×D7×H25の収納スペースが必要でした。

デメリットがそれぐらいしか浮かばない・・・

それぐらい良い製品でした。

まとめ

アマゾンや楽天でのレビューもとてもよかったので買ってみましたが、この毛玉取り器は買って正解でした。

特に冬や春先には重宝しています。

子供服をお下がりやバザーやメルカリに出す時でも、毛玉取りをかけておけば貰う側も嬉しいですよね。

アマゾンでベストセラーになっているのも納得の商品です(^-^)

 

 

 

スポンサーリンク

-モノとサービス

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.