大阪の気温と服装 関西・大阪

11月 大阪の気温と服装 まとめ 

更新日:

11月の気温と服装




11月に大阪に旅行に行こうと考えているあなた、「11月の大阪はどんな服を着ていったらいいのだろう?」と悩みますよね?

季節の変わり目で服装が分かりにくい季節の11月。

旅行の服を考える参考に11月の大阪の気温や、実際に11月に着ていた福やどんな服装の人が多かったかをまとめています。

それではどうぞ(^-^)ノ

11月上旬 20度を超える日もあり

最低気温は10度を下回る冷え込み。最高気温は20度を超える日も多く、気温差が激しい毎日でした。

朝の通勤の時(~8時)などは冷えるのですが、昼間はぽかぽか陽気で暑いぐらいの日もありました。薄手のコートを着ていて、ライナーはまだ不要です。

エアクロで青のハイネックのニットが届きました。

1日中外にいるならハイネックでもいいけれど、大半を空調の効いた室内で過ごす日は、ハイネックのニットはさすがにちょっと暑いです。

コートの下は長袖シャツにニットなどで、細かく温度調節ができるぐらいがいいですね。

11月中旬 ひと雨ごとに寒くなる

80デニールのタイツを出してきました。

今までは40~60デニールぐらいでしたが、朝がかなり冷えるようになってきています。

朝は息が白い日もありました。

2017年は雨の日が何度かあり、雨の日ごとに寒くなってきた感じです。

2018年は比較的晴れた日が多かったのですが、朝晩がどんどん冷えてきて、最高気温が20度を超える日はさすがになくなりました。

薄手のコートにもライナーを装着。厚手のコートを着ている人はまだ見かけません。

 

11月下旬 最低気温が下がってきました

大阪のイチョウ

中旬からそれほど気温も服装も変わらない感じですが、朝の冷え込みは「寒い」から「冷たい」という感覚に変わってきました。

最低気温5℃前後・最高気温12℃~19℃ぐらい。

日によって気温差がありますが、風がかなり冷たくなってきました。コートは薄手でもまだ大丈夫ですが、マフラーなど小物は必須です。

服装ウォッチをしていると以下のような感じです。

USJなどの屋外に行く
  • 風を通しにくいダウンジャケットなどを着ている人が多い
  • 防寒用小物(手袋・マフラーなど)は必須
出張などでスーツ
  • スーツ+トレンチコート
  • コートを着ない場合、インナーにタートルネックニットなど暖かいものを着ている人が多い。
  • (女性)パンツスーツの場合はストッキングでも良い。
  • (女性)スカートの場合は、タイツがベスト。
  • (男性)スーツの下にベストやニットなど1枚着ている人が多い。または薄手のコート着用。

夜はマフラーや手袋といった防寒用の小物もあった方がいいぐらいです。

大阪マラソンも毎年11月下旬です。(2018年は11月25日)

2018年はポカポカ陽気の晴れた日になりました。予想最高気温18度・最低5度。

応援の人も日焼けしそうなぐらいの陽気。走った人も応援の人もお疲れさまでした\(^0^)/

11月まとめ

紅葉

中旬に入ったあたりからぐっと冷え込んできた感じです。

薄手コートにライナーをつけ、タイツは厚手のものに変え、朝夕はマフラーと手袋をつけるようになりました。

11月の中旬から関西の紅葉は見ごろを迎えています。特に京都はいい時期です。

貴船の紅葉ライトアップや、東福寺に行きました。京都は冷える上、紅葉鑑賞は外なので、薄手のダウンベストを持って行ったのですが、持って行って正解です。

薄手のコートの下にダウンベストを着て、マフラー+手袋をしても京都の夜はまだ寒いです。

11月に借りたエアクロの服装も参考にどうぞ

エアークローゼット3か月使用レビュー

あわせて読みたい 秋の大阪・京都観光 11月は紅葉が見ごろ!

【京都観光】貴船もみじ灯篭

【京都観光】東福寺 紅葉の絶景「通天橋」

大阪観光のおすすめは?11月~12月の紅葉やイルミネーション

関連記事

12月 大阪の気温と服装 まとめ

 

スポンサーリンク

-大阪の気温と服装, 関西・大阪
-, , ,

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.