健康

美容ドリンク「甘酒」美味しい飲み方・料理にも!

更新日:




最近のマイブームは「甘酒」です。

「甘酒」といっても種類があり、アルコールが入っていないものもあります。

つまり、子どもでもOK、朝から飲んでもOKな「甘酒」があるのです。そして、甘酒は身体に優しい発酵食品

身体に優しく、美肌にも良いと聞いて試してみたらハマってしまいました!

アレコレ試して美味しかった商品や、飽きないように美味しいアレンジをご紹介します。

美肌効果・飲む点滴と話題

甘酒は江戸時代には夏バテ防止の飲み物として愛飲されていました。

アミノ酸・ビタミンB群・ミネラルなどが豊富で、その豊富な栄養素が「点滴」並みであることから「飲む点滴」とまで評されています。昔の人はその栄養価の高さを体感としてよくわかっていたのでしょう。

食物繊維やオリゴ糖も含まれていて、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる働きも期待できます。

腸の働きが良くなると、美肌効果も期待できますね。

また、昔ながらの「風邪の時には甘酒」というのも、麹菌が腸内で善玉菌のえさになり、免疫力を高めるから良いと言われています。

  • 栄養価が高い
  • 腸内環境を整える
  • 免疫力を高める

[chat face="kanausa-happy_aicon.png" name="" align="left" style="type1"]お手軽に栄養がとれるから人気なんだね![/chat]

スポンサーリンク



意外と知らない 甘酒の原材料

甘酒の原材料を見ると、次の3種類のものがあります。

  • 酒粕
  • 米麹
  • 酒粕+米麹

商品によって異なりますが、酒粕は日本酒を造る時に出た搾りかすです。つまり、アルコール分残っていることが多く、酒粕から作られた甘酒は微量のアルコールが含まれているものがほとんどです。

一方米麹から作られた甘酒はノンアルコールです。

[chat face="kanausa-happy_aicon.png" name="" align="left" style="type1"]酒粕の匂いが苦手な人にもおススメ![/chat]

朝から健康ドリンクとして甘酒を飲みたいので、私が選んでいるのは「米麹から作られた甘酒」です。

中でも最終的にたどりついた甘酒は八海山の「麹だけでつくったあまさけ」です。

八海山の「麹だけでつくったあまさけ」にたどりついた3つの理由

  1. 麹だけで作られている
  2. 味(麹の自然な甘さ。甘すぎない)
  3. スーパーなどで買うことができる(日常的に買いやすい)

優先順位としてはまず「①麹だけで作られている」が一番でした。砂糖はもちろんのこと、保存料等も使われていません。

味は自然な甘さです。甘酒単品で飲んでもいいですが、アレンジもしやすいです。

そして、続けるために大切なのは手に入れやすいこと。通販でも買えますし、近くのスーパーでも買えるという点はメリットでした。

スポンサーリンク



甘酒アレンジ 美味しく続ける甘酒LIFE

1日1杯のあまさけ飲む習慣の中から見つけた美味しい飲み方・食べ方をお伝えします。

濃厚さを出すために牛乳を混ぜていますが、苦手な人は豆乳でも美味しいと思います。(私は豆乳アレルギーなので牛乳派です)

①甘酒+青汁

<あまさけ+牛乳+青汁>

  • あまさけ 80ml
  • 牛乳 25ml
  • ユーグレナ青汁スティック 1本

【送料無料】栄養豊富なユーグレナ(ミドリムシ)入り新しい青汁「緑汁」お試し\500
青汁も栄養豊富なので栄養×栄養で最強ドリンクです(笑)

朝によく飲みますが、あまさけの甘さがユーグレナの苦みを中和してくれて相性がいいです。抹茶ラテみたいに仕上がって、一番お気に入りの飲み方。

②甘酒+ココア

<あまさけ+牛乳+ココア>

  • あまさけ 80ml
  • 牛乳 25ml
  • ココア 大さじ1

これは電子レンジで少し(45秒ほど)温めて、ほんのりあたたかくして飲むと美味しいです。ちょっとほっこりしたい時によく飲みます。

③ヨーグルト+甘酒

<あまさけ+ヨーグルト+はちみつ+黒ゴマペースト>

  • ヨーグルト 大さじ5
  • あまさけ 大さじ1~2
  • はちみつ 大さじ1/2
  • 黒ゴマペースト 大さじ1

この黒ごま、めちゃめちゃおススメです。このレシピもまた栄養×4ぐらい、体にいいものの寄せ集めですが、おいしい!食後のデザートによく食べます。やみつき。

ヨーグルトといえば、美味しい日本酒を造る西山酒造さんのヨーグルトもおススメ。

酒粕×米麹 のヨーグルトですが、ノンアルコール。そして美味しい。

西山酒造さん大好きなんです。蔵開きにも行きました。

④甘酒カレー

<甘酒カレー>

普段のカレーに50~100mlほど混ぜるだけ(10~12皿分)

隠し味として、甘味と栄養をプラス。

⑤甘酒カフェオレ

<甘酒+牛乳+インスタントコーヒー>

  • あまさけ 100ml
  • 牛乳 25ml
  • インスタントコーヒー 小さじ1~2杯

パン食の時はよくこのドリンクを作って飲みます。

冷たいままで飲むのであれば、ブレンディなどアイスでも溶けやすいコーヒーがオススメです。ココアのように温めてからコーヒーを溶かしても美味しく飲めます。

ちゃんとしたコーヒーにミルク代わりに甘酒を入れてみたこともありますが、この甘酒カフェオレの方がオススメです(^^;

あまさけを続けて、体調は?

今で飲み始めて1か月ぐらいですが、風邪を全然ひかなくなりました。

そして、猛暑も夏バテせずに乗り切れたのは「あまさけ」のおかげ?なんて感じています。

何せヘタレなので、体にいいものを摂取して、元気に毎日を過ごしたい。そう思います。

スポンサーリンク

-健康
-, , , , ,

Copyright© まるのモノマニア , 2019 All Rights Reserved.